景観に合う美しい外壁に

模型

汚れを除去した上で塗装

姫路では、重要文化財に指定されている城があることから、歴史的な美しい町並みの形成に力が入れられています。建物の数々が、景観を損なわないように気をつけながら、建築されているのです。戸建て住宅も同様で、姫路らしさを助長するデザインとなるように工夫されています。特に外壁のカラーは重要で、景観に溶け込みやすい淡い暖色系がよく選ばれています。しかし外壁は、年月が経過していくにつれて色褪せたり、雨染みや苔で汚れたりします。淡い暖色系だからこそ、こういった色の変化は目立ちやすく、景観におけるマイナスになると言えます。そのことから姫路では、美しい景観を維持するための外壁塗装が積極的に行われています。外壁塗装の業者は、外壁の汚れを徹底的に除去した上で、塗料を色むらが生じないように丁寧に塗り広げます。汚れがなくなる上に新しい塗料が塗られるのですから、外壁塗装後の外壁は、新築時のように美しく艶やかな状態になります。もちろん塗料の色合いは、依頼主が自由に選択できます。元の外壁に近い色にすることもできますし、周辺環境の変化に合わせて、より景観にマッチする色を選ぶこともできるのです。また業者にもよりますが、カラーシミュレーションをしてもらうことも可能です。自宅を含む周辺地域の写真を撮影し、外壁部分の色を変更しながら、最も気に入るものや姫路らしいものを選んでいくのです。さらに近年の姫路では、ガラス系や酸化チタン系の塗料を外壁塗装に使用する業者も増えています。これらには汚れの付着を防ぐ性質があるので、塗ることで美しい色合いが長続きすることになるのです。