適した装置を選んで設置

ソーラーパネル

電力会社との連携手続きも

古くから工業が盛んな福岡では、その分化学物質から環境を守る取り組みにも力が入れられています。そのため福岡では、クリーンエネルギーとされている太陽光を集めて使う太陽光発電に、高い人気があります。多くの住宅で、屋根などに太陽光発電装置が設置されているのです。設置の申し込みは、装置を製造している業者や販売している業者に、インターネットや電話などで行うことができます。といってもすぐに設置されるわけではなく、最初に現場の調査をすることになります。太陽光発電装置には種類が多く、その中で最も適しているものを、屋根の形状や素材を調べながら選ぶのです。装置が決まれば、購入費用や設置費用も決まるので、施工計画書や見積もりが出されます。それらを見て内容に納得できた場合に、申し込み書に署名捺印をすると、契約が成立します。また、福岡で太陽光発電を開始するためには、もうひとつ行わなければならない手続きがあります。住まいに電気を供給している電力会社と、電力需給における契約をする必要があるのです。これは、集めた太陽光から作った電気を使い切ることができなかった場合に、電力会社に買い取ってもらうためです。冬以外の時期には晴れとなる日が多い福岡では、それだけ効率の良い太陽光発電が期待できます。そのため電力会社と連携すれば、お互いにメリットを享受できるようになります。電力会社はクリーンエネルギーを手に入れることが、発電した側は売電利益を得ることが、それぞれ可能となるのです。